【2024年版】太陽光発電のメリット・デメリット|住宅用と産業用の違いも紹介

【2024年版】太陽光発電のメリット・デメリット|住宅用と産業用の違いも紹介

近年注目が集まっている太陽光発電ですが、導入するとどのようなメリットがあるのでしょうか?反対に、導入するデメリットについても気になるところです。

この記事では、2024年最新版の太陽光発電のメリット・デメリットを解説した上で、住宅用と産業の違いについても紹介していきます。これから太陽光発電の導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

そもそも太陽光発電とは?

太陽光発電とは、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換して、発電する方法です。太陽光発電の特徴は、発電時にCO2を排出しないことです。そのため、環境への負担が少ないエネルギー源として注目されています。

ここ数年で、住宅の屋根や空き地に設置されているのを目にする機会も増えてきたのではないでしょうか。太陽光発電の割合が高まれば、地球温暖化の問題解決に近づきます。そのため、日本では国を挙げて、太陽光発電の普及に取り組んでいる状況です。

太陽光発電の仕組みについて知りたい方は、ぜひ以下の記事を参考にしてください。
太陽光発電の仕組みをわかりやすく解説|特徴や問題点も合わせて紹介

太陽光発電の7つのメリット

太陽光発電のメリットは以下の7つです。

  1. 再生可能エネルギーである
  2. 電気代を節約できる
  3. 住宅の屋根や土地を有効活用できる
  4. 災害時や停電時に備えられる
  5. 売電収入を得られる
  6. 寿命が長い
  7. 人件費がかからない

それぞれのメリットについて具体的に見ていきましょう。

1. 再生可能エネルギーである

太陽光発電のメリットは、再生可能エネルギーであることです。再生可能エネルギーとは、自然界に常に存在するエネルギーです。太陽光発電の他には、風力発電や水力発電などがあります。

再生可能エネルギーの特徴は、発電時にCO2を排出せず、エネルギー源が枯渇しないことです。現在、世界では地球温暖化やエネルギーの枯渇が問題となっていますが、それらを解決できる手段として大きな期待が寄せられています。

つまり、地球規模での問題を解決する上で、再生可能エネルギーである太陽光発電は欠かせないものとなっています。

2. 電気代を節約できる

太陽光発電のメリットとして、電気代を節約できることも挙げられます。太陽光発電で発電した電力は、家庭やオフィスで利用できます。その結果、電力会社から電気を購入する必要がなくなり、電気代を削減できるのです。

ちなみに、電力会社から購入する電気の値段と、太陽光発電で発電した電気の値段は、前者の方が高いです。そのため、太陽光発電で発電した電気を売電するよりも、自家消費をした方が手元に残るお金が多くなります。

3. 住宅の屋根や空き地を有効活用できる

住宅の屋根や空き地を有効活用できることも、太陽光発電の特徴です。新たに土地を購入せず、現在使用していない空間や場所を活用できるのは、太陽光発電ならではのメリットといえます。

風力発電や水力発電であれば、特定の条件に沿った広大な土地が必要です。しかし、太陽光発電はソーラーパネル一枚から設置でき、狭い場所でも導入可能です。

また、近年では農地を転用して太陽光発電を設置するケースも増えており、さまざまな土地での導入が進められています。

4. 災害時や停電時に備えられる

太陽光発電は、災害時や停電時に備えられることもメリットです。

太陽光発電は太陽光があれば発電できます。そのため、万が一電力会社からの電力供給が停止した場合に、太陽光発電が発電した電気を利用できるのです。また、夜間の発電はできませんが、蓄電池を利用すればその問題も解決します。

自然災害による被害は年々増えており、企業ではBCP対策の重要性が高まっています。その観点からも、太陽光発電を導入するメリットは大きいと言えるでしょう。

5. 売電収入を得られる

太陽光発電は、電気を売電して売電収入を得られることもメリットとして挙げられます。売電収入を安定して得るために、日本ではFIT制度FIP制度が設けられています。

FIT制度とは、再生可能エネルギーによって発電された電気を、一定期間・固定価格で買い取ることを国が保証する制度です。この制度を利用すれば、安定した売電収入が約束されます。実際に、FIT制度が導入されて以降は、太陽光発電の導入割合が急激に高まりました。

6. 寿命が長い

太陽光発電は、寿命が長いこともメリットです。平均すると、20〜30年は稼働するとされており、長期にわたって電気を発電してくれます。自家消費する場合も、売電する場合も、嬉しいメリットと言えるでしょう。

ただし、太陽光発電を長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。メンテナンスを怠ると、発電効率が低下したり、設備が故障しやすくなったりします。そのため、メンテナンスを定期的に行い、できるだけ太陽光発電を長持ちさせることが大切です。

太陽光発電の寿命については、以下の記事でも詳しく紹介しています。
太陽光発電設備の寿命は何年?寿命がきた場合のリスクや対処法を解説

7. 人件費がかからない

維持をする上で人件費がかからないことも、太陽光発電のメリットです。太陽光発電の設置後は、定期的なメンテナンスのみで問題ありません。

太陽光発電投資とよく比較されるのが、株式投資や不動産投資です。株式投資や不動産投資は、維持をするために手間やお金がかかります。一方で、太陽光発電はメンテナンスのみで維持できるため、手軽にできることでも人気な理由の一つです。

太陽光発電の維持費については、下記の記事で詳しく紹介しています。
太陽光発電の維持費(ランニングコスト)|費用の内訳やメンテナンスの必要性を解説

太陽光発電の5つのデメリット

太陽光発電のデメリットは、以下の5つです。

  1. 発電量が天候に左右される
  2. 設置場所が必要
  3. 初期費用が高い
  4. メンテナンスが必要
  5. 業者が倒産する可能性がある

それぞれのデメリットについて具体的に説明していきます。

1. 発電量が天候に左右される

太陽光発電の発電量は、天候・気候に左右されます。曇りや雨のときは日射量が減少する影響で、発電量が低下してしまうのです。また、積雪によって発電できなかったり、自然災害によって故障したりする恐れもあります。

ただし、発電量に関しては、設置場所の過去の日射量を確認すれば、ある程度の予測を立てられます。また、故障に関してもメーカー保証保険によってカバーできるため、導入前にそれらのリスクを把握して、対策を講じておくことが大切です。

2. 設置場所が必要

太陽光発電を導入するには、住宅やビルの屋根、空き地などの設置場所が必要です。もし太陽光発電を設置できる場所を所有していない場合は、新たに土地を購入しなければなりません。

企業が太陽光発電を導入する場合は、この点がデメリットとなる恐れがあるでしょう。しかし、近年は土地付きで太陽光発電を販売する業者も増えており、手間をかけずに太陽光発電の導入ができるようになりました。

3. 初期費用が高い

太陽光発電のデメリットとして、初期費用が高いことも挙げられます。具体的には、住宅用太陽光発電の場合は100万円前後、産業用太陽光発電の場合は、1,000万円以上が相場です。

しかし、太陽光発電の利回りは10%前後と高いです。そのため、初期費用は高いものの、売電収入によって早い段階で回収することができます。

さらに、ソーラーローンを利用すれば、初期費用0円で導入可能です。太陽光発電を導入する場合、ほとんどの人がソーラーローンを利用しています。月々の売電収入から差し引けばよいため、意外と手軽に始められるのです。

4. メンテナンスが必要

太陽光発電はメンテナンスが必要なこともデメリットの一つです。他の投資と比べて手間はかからないものの、メンテナンスが面倒だと感じる人もいるでしょう。

メンテナンスは、4年に一度行うことが推奨されています。費用は、住宅用太陽光発電だと1回あたり1~2万円前後、産業用太陽光発電だと均5,400円/kWが平均です。それなりに費用がかかるため、導入時にメンテナンス費用を見込んでおくことが重要です。

5. 業者が倒産する可能性がある

太陽光発電の業者が倒産する可能性があることもデメリットです。依頼している業者が倒産すると、メーカー保証が適用されなかったり、メンテナンスを依頼できなかったりします。

そのため、業者選びは慎重に行うことが大切です。複数の業者のサービス内容や口コミなどを比較して、信頼できる業者を見つけましょう。

業者選びのポイントは、以下の記事で詳しく紹介しています。ぜひ参考にして、悪徳業者を選ばないように気をつけましょう。
太陽光発電は業者選びが重要!ポイントやおすすめの施工業者を紹介

住宅用と産業用の違い

住宅用と産業用の太陽光発電の違いは、出力容量です。10kW未満であれば住宅用、10kW以上であれば産業用に分類されます。

住宅用と聞くと住居に設置されているものをイメージするかもしれませんが、10kW以上のソーラーパネルが設置されている場合は、産業用に分類されます。しかし、住居に設置されている太陽光発電のほとんどは住宅用です。

ちなみに、産業用はさらに10kW〜50kW未満の低圧太陽光発電と、50kW以上の高圧太陽光発電に分類されます。50kW以上であれば、発電した電気をすべて売電できる全量売電を選択できます。そのため、収益性が高いのが特徴です。

また、FIT制度において、売電期間は住宅用だと10年、産業用だと20年と定められています。つまり、投資目的であれば、売電期間が長く、収益性が高い高圧の太陽光発電がおすすめです。

太陽光発電投資を始めるならプレグリップエナジーがおすすめ

太陽光発電投資を始めるならプレグリップエナジーがおすすめです。プレグリップエナジーでは土地付きの太陽光発電を販売しており、土地を所有していない人も簡単に始められます。また、ソーラーローンの手続きやメンテナンスも代行しているため、手間をかけずに運用できます。

さらに、プレグリップエナジーでは太陽光発電の買取も行なっています。もし所有している太陽光発電の売却を考えている場合は、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

この記事では、太陽光発電のメリット・デメリットや住宅用と産業用の違いについて解説しました。

太陽光発電のメリットは、再生可能エネルギーであることや、収益性が高いことなどです。一方で、初期費用の高さやメンテナンスがデメリットとなり得ますが、プレグリップエナジーであればそれらの問題を解決できます。

太陽光発電の購入や売却を検討されている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【2024年版】太陽光発電のメリット・デメリット|住宅用と産業用の違いも紹介