ソーラー分譲・太陽光発電投資の販売サイト

  • スマホメニューボタン
  • 電話
  • 資料請求
0210-058-517
お問い合わせボタン

太陽光発電の損益分岐点

太陽光発電を行う際に知っておきたい損益分岐点について

太陽光発電を行う際に知っておきたい損益分岐点について
一般家庭においても、自宅の屋根に太陽光パネルを設置し、太陽光投資を行うケースが増えてきています。
特に新築住宅を建築する際には、入居段階ですでに太陽光発電システムを設置していることもあります。
自宅で太陽光投資を行うと売電によって収入を得られるというメリットはありますが、当然導入段階でイニシャルコストはかかってきます。
イニシャルコストのみならず、維持していく上でメンテナンス費用のようなランニングコストもあります。
太陽光投資に対して興味を持っていても、決意しきれない場合もあります。
実績をあらかじめ予想して、損益分岐点を計算することで、不安要素を排除していくことで安心して太陽光投資に臨めます。
しかし注意したい点が、太陽光発電は太陽光を用いて収益を得るため、気候の状態などによって左右されてしまうという点です。
そのため確実性の高い実績を予測して損益分岐点を計算するのは難しいですが、参考になるでしょう。

太陽光発電の損益分岐点について

太陽光発電の損益分岐点について

一般住宅に5kW分のパネルを設置して太陽光発電を行う場合、まず太陽光パネルを含む各種システムの導入費用、そして工事費用に200万円かかったと想定します。
しかし地方自治体によっては、補助金が支給されることもあります。
仮に、50万円の補助金を得られたとします。
単純計算をした場合、初期費用としてかかる金額は150万円です。
それに対して売電収入によって得られる金額は、契約した単価によって異なります。
1kWあたりの売電価格は34円で計算し、発電した量の6割を売電すると仮定した場合、108120円の収入となります。
単純計算では、13.8年で回収可能となるでしょう。
年間5300kWの発電量で試算しています。
しかしこれにはメンテナンス費用などを含んでいません。
他にも不確定要素もありますが、この数字がある程度損益分岐点として参考になります。
太陽光投資は大金を要するので、実績予測などをしっかりとしましょう。