太陽光発電の撤去費用はどのくらい?廃棄費用の積立義務化についても解説

太陽光発電の撤去費用はどのくらい?廃棄費用の積立義務化についても解説

太陽光発電の撤去には、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?また、廃棄費用の積立義務化とはどういうことなのでしょうか?

この記事では、太陽光発電の撤去費用や廃棄費用の積立義務化、撤去業者を選ぶポイントなどを紹介していきます。太陽光発電の撤去方法についてよくわからない方は、ぜひ参考にしてください。

目次

太陽光発電の撤去費用はいくら?

太陽光発電の撤去費用は、住宅用か産業用かで異なります。それぞれの撤去費用を見ていきましょう。

住宅用太陽光発電の場合

住宅用太陽光発電の撤去にかかる費用は、平均すると15万円ほどです。内訳は以下の通りです。

内訳 費用相場
作業費 約10万円
運搬費・処分費 約5万円

作業費

作業費は平均すると約10万円です。作業費には、足場代や人件費などが含まれます。この費用相場は太陽光パネル20枚を目安としているため、これよりも大きい場合は費用が高くなる可能性があります。

運搬費・処分費

運搬費・処分費の相場は平均すると約15万円です。太陽光パネルは産業廃棄物として扱われるため、処分費がかかります。太陽光パネルの枚数が多かったり、処分場までの距離が遠かったりする場合は、相場よりも高くなるでしょう。

産業用太陽光発電の場合

産業用太陽光発電の撤去費用は、1kWあたり約2万円とされています。そのため、50kWであれば100万円が目安です。ただし、撤去費用は依頼する業者や地域によって異なるため、あくまでも参考としてください。

太陽光発電の廃棄費用の積立義務化とは?

20022年7月から廃棄費⽤積⽴制度が開始され、太陽光発電の廃棄費用の積み立てが義務化されました。対象は、FIT認定を受けている産業用太陽光発電です。

廃棄費⽤積⽴制度は、売電収入から廃棄費用が差し引かれます。そして、推進機関という積立金の管理を行う団体に収められ、廃棄をするときに受け取れる仕組みです。

積み立てを怠った場合は、国からの指導や改善命令の対象となり、最悪の場合FIT認定を取り消されることもあります。ちなみに、積み立てを開始するのはFIT期間が終了する10年前からです。

太陽光発電の撤去手順

太陽光発電を撤去するには、まず複数の撤去業者に見積もり依頼します。複数の専門業者から一社を選び、依頼をして撤去してもらう流れです。

太陽光発電は、機器によって処分の方法が異なります。例えば、太陽光パネルは有害物質を含んでおり、産業廃棄物として扱われます。そのため、認可を受けた業者だけが廃棄可能です。

太陽光発電の撤去業者を選ぶポイント

太陽光発電の撤去業者を選ぶポイントは、以下の2つです。

  • 複数の業者を検討する
  • 実績がある業者を選ぶ

複数の業者を検討する

太陽光発電の撤去業者を選ぶ際には、複数の業者に見積もりを依頼することが大切です。見積もりの金額や対応の丁寧さなどを比較して、安心してお願いできる業者を選ぶようにしましょう。

実績がある業者を選ぶ

太陽光発電の撤去業者を比較するときには、実績を確認することもポイントです。実績がない業者は、もしかしたら産業廃棄物を廃棄する認可を受けていないかもしれません。実績や口コミを確認して、信頼できる業者かどうかを見極めることも重要です。

太陽光発電を撤去する前に売却も検討しよう

太陽光発電を撤去する前に、売却を検討してみてはいかがでしょうか?太陽光発電の売却には、コストがかかります。売却をすれば反対に収益を得られるため、一度売却を検討することをおすすめします。

売却するのであれば、プレグリップエナジーがおすすめです。プレグリップエナジーは太陽光発電のあらゆるフェーズに精通しており、経験豊富なスタッフが直接査定いたします。太陽光発電が故障していたとしても、経年劣化していたとしても、査定可能です。よろしければ、ぜひ売却も検討してみてください。

太陽光発電の売却については、以下の記事で詳しく紹介しています。興味のある方は、ぜひご一読ください。
太陽発電所の売却相場|高く売るコツやおすすめの業者を紹介

まとめ

この記事では、太陽光発電の撤去費用や廃棄費用の積立義務化、廃棄業者を選ぶポイントなどを紹介しました。

太陽光発電の撤去には費用がかかります。そのため、廃棄をする前に一度売却を検討してみるのもおすすめです。売却できるかわからない方は、無料で査定可能なので、ぜひプレグリップエナジーにご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!