太陽光発電に将来性はある?普及しない理由や導入するメリットも合わせて解説

太陽光発電に将来性はある?普及しない理由や導入するメリットも合わせて解説

「太陽光発電に将来性はある?」
「実際に太陽光発電を導入すると、どんなメリットがあるの?」

これから太陽光発電の購入を検討している方の中には、このような疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか?

そこで、当記事では太陽光発電の将来性について解説していきます。その上で、現在普及が進んでいない理由や導入するメリットについても紹介していきます。当記事を参考にして、ぜひ太陽光発電に対する理解を深めてください。

目次

太陽光発電に将来性はある?

太陽光発電の将来性は、非常に高いです。

その大きな理由として、太陽光発電の普及率を高めるために、政府がさまざまな政策を実施していることが挙げられます。FIT制度FIP制度などを実施して、再生可能エネルギーの普及率向上を目指しているのです。このことから、太陽光発電の将来性は高いといえるでしょう。

政府が太陽光発電を後押ししている背景には、地球温暖化の問題があります。地球温暖化を防ぐために、日本では「2050年までに温室効果ガスの排出を0にする」という目標を掲げています。その目標を達成するために欠かせないのが、再生可能エネルギーであり、太陽光発電なのです。

太陽光発電の普及率

日本における太陽光発電の普及率は現在何%であり、何%まで拡大の余地があるのでしょうか。

環境NPO法人の調査データによると、日本の発電量全体に占める太陽光発電の割合は、2014年には1.9%でした。それが2020年には8.5%にまで増加していることから、太陽光発電が急激に拡大していることがわかります。

さらに、太陽光発電を含む再生可能エネルギー全体の普及率も向上しています。2014年には全発電量の12.1%を占めていた再生可能エネルギーの割合が、2020年には20.8%まで拡大しているのです。

ただし、他国と比較すると、日本の再生可能エネルギーの普及率はまだまだ低いです。たとえば、オーストラリアでは、全発電量の約80%を再生可能エネルギーが占めています。

日本は火力発電への依存度が高いため、再生可能エネルギーの普及率をさらに高めていくことが求められています。

太陽光発電が普及しない理由

なぜ日本では、太陽光発電の普及率が低いのでしょうか。太陽光発電が普及しない理由として、初期費用の高さが挙げられます。実際に、埼玉県で実施されたアンケートによると、太陽光発電を導入しない理由の約半数を「購入費用が高いから」が占めていました。

太陽光発電の導入費用は、産業用であれば約1,000万円〜、家庭用であれば100万円前後と決して安くはありません。しかし、その導入費用は年々下がっている状況です。

さらに、太陽光発電の利回りは平均して10%前後と高水準です。つまり、投資金額が高いものの、回収できる金額も相応に高いということになります。また、ソーラーローンなどを利用すれば、初期費用0円で開始できます。

これらの理由から、初期費用の高さだけに目を向けるのではなく、利回りなどのメリットに目を向けることが重要だといえるでしょう。

太陽光発電の普及率を高める政策

太陽光発電の普及率を高める政策は、FIT制度やFIP制度に加えて、複数あります。

たとえば、東京都では2025年4月から太陽光パネルの設置が義務化されます。新築住宅を建てる場合、住宅用太陽光発電の設置が義務となるのです。他にも同様の政策が決定している地域が複数あり、普及率を高める政策が本格化していることがわかるでしょう。

また、自治体によっては太陽光発電導入に対する助成金を設けているところがあります。こういった政策をうまく活用することで、初期費用を抑えられます。

太陽光発電の普及率を高めるためにさまざまな政策が実施されており、太陽光発電を後押ししています。このことから、太陽光発電の将来性が高いことがわかるでしょう。

太陽光発電のメリット

実際に太陽光発電を導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは、以下3つのメリットを紹介します。

  1. 環境への負担が少ない
  2. 売電収入が得られる
  3. 非常用電源として使える

それぞれのメリットについて紹介していきます。

1. 環境への負担が少ない

太陽光発電は、発電時にCO2を排出しないクリーンエネルギーです。そのため、環境への負担が少ないことで注目されています。太陽光発電を導入することで、地球環境の改善にも貢献できるのは、太陽光発電を導入するメリットの一つです。

2. 売電収入が得られる

太陽光発電で発電した電気は売電でき、それにより収入が得られます。FIT制度を活用すれば、売電価格が保証されているため、毎月安定した収入を得ることが可能です。

他の投資であれば、市場の状況に左右されて、期待通りの利回りが得られないこともあるでしょう。しかし、太陽光発電投資であれば、FIT制度によりそのようなリスクが生じにくいです。他の投資と比較しても、リスクが低く利回りが高い投資として注目されています。

3. 非常用電力として使える

太陽光発電で発電した電気は、蓄電池を活用すれば、非常用電力として使用できます。近年、地震や台風などの自然災害が急増しています。自然災害が発生して停電しても、太陽光発電による電力が使用できるのは、大きなメリットです。

太陽光発電のデメリット

一方で、太陽光発電のデメリットは以下の通りです。

  1. 初期費用が高い
  2. 定期的なメンテナンスが必要である
  3. すべての住居に設置できるわけではない

それぞれ解説していきます。

1. 初期費用が高い

上述した通り、太陽光発電の初期費用は高いです。家庭用太陽光発電であれば平均して100万円前後、産業用太陽光発電であれば平均して1,000万円以上かかります。すぐに出せる費用ではないでしょう。

しかし、ソーラーローンや助成金を活用すれば、初期費用を減らしたり、0円にすることが可能です。このような制度をうまく利用することで、初期費用が高いというデメリットは解消できるでしょう。

▼関連記事
太陽光発電で融資を受けるメリット|金融機関や注意点、選び方も紹介

2. 定期的なメンテナンスが必要である

太陽光発電は、定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスを実施することで、太陽光発電の故障を防ぎ、長く稼働させられます。また、太陽光発電のメンテナンスは義務化されているため、法的な観点からもメンテナンスを行わなければならないのです。

3. すべての住宅に設置できるわけではない

太陽光発電は、すべての住宅に設置できるわけではありません。屋根が小さかったり、複雑な形をしていると、太陽光パネルを設置できない可能性があります。

そこで、太陽光発電を利用して売電収入を得るのであれば、土地付き太陽光発電がおすすめです。土地付き太陽光発電は、土地を所有していなくても、太陽光発電とセットで購入できます。また、メンテナンスも代行してくれるため、手間がかかりません。

▼関連記事
太陽光発電をつけないほうがいい6つの理由|おすすめしない家の特徴も解説

太陽光発電を始めるなら土地付き太陽光発電がおすすめ

これから普及率や需要が増え、将来性が高いとされる太陽光発電。しかし、太陽光発電には、メンテナンスの手間や設置場所などの問題があります。

そこで、太陽光発電投資を始めるのであれば、土地付き太陽光発電がおすすめです。土地付き太陽光発電のメリットは、土地がなくても太陽光発電を導入できたり、メンテナンスの手間がかからない点です。

プレグリップエナジーでは、土地付き太陽光発電を多数ご紹介しています。購入を検討されている方は、お気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!