太陽光発電の雑草対策5選|雑草対策が必要な理由も合わせて解説

太陽光発電の雑草対策5選|雑草対策が必要な理由も合わせて解説

「雑草対策にはどんな方法があるの?」
「なぜ雑草対策をしなければいけないの?」

これから太陽光発電投資を始める方の中には、このような疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか?

当記事では、太陽光発電に雑草対策が必要な理由や具体的な雑草対策について解説していきます。それぞれの雑草対策のメリット・デメリットを把握して、最適な雑草対策を選んでください。

太陽光発電に雑草対策が必要な理由

太陽光発電には、なぜ雑草対策が必要なのでしょうか?その理由は、以下の3点です。

  • 発電量の低下を防ぐため
  • 故障を防ぐため
  • 近隣トラブルを防ぐため

それぞれの理由について、詳しく解説していきます。

発電量の低下を防ぐため

太陽光発電に雑草対策が必要な理由は、発電量の低下を防ぐためです。雑草が伸びて太陽光パネルを覆うと、発電量が低下してしまいます。そうすると、予測通りの売電収入が得られず、初期費用の回収が遅れてしまう可能性があるでしょう。

そこで、定期的に雑草対策を行い、最大限の発電量を確保することが大切です。

故障を防ぐため

雑草を放置することで、発電量が低下するだけでなく、故障してしまうこともあります。

その要因としてよく聞くのが、ホットスポット現象です。ホットスポット現象とは、太陽光パネルの影になっている部位に、無理に電気を通そうとして発熱する現象です。これが続くと、太陽光パネルの故障を招きます。

また、雑草がパワーコンディショナーや接続箱に侵入し、ショートして火災を引き起こしてしまうこともあります。

太陽光発電設備が故障すると、修理費用を払わなければなりません。ホットスポット現象が原因だと、メーカー保証が適用されない場合もあります。雑草はしっかりと対策を行い、このようなトラブルが起きないようにしましょう。

近隣トラブルを防ぐため

雑草によって景観が悪化したり、不法投棄の温床になってしまうと、近隣トラブルに発展することもあります。近隣トラブルが生じてしまうと、対応が大変です。

太陽光発電事業を気持ちよく行うためにも、雑草を適切に対処し、近隣住民と良好な関係を築きましょう。

太陽光発電の雑草対策5選

太陽光発電の雑草対策には、主に以下5つの方法があります。

  • 草刈り機で刈る
  • 除草剤を使う
  • 防草シートを敷く
  • 砂利を敷く
  • コンクリートで舗装する

それぞれの対策の詳細やメリット・デメリットについて紹介していきます。雑草対策にかけられる予算やかかる手間を加味して、最適な方法を選びましょう。

草刈り機で刈る

まず挙げられるのが、草刈り機で刈る方法です。低圧の太陽光発電であれば、外注せずに自身で対応可能です。ただし、草刈り機で刈るだけではすぐに雑草が生えてきてしまうため、年に4回程行う必要があります。この頻度での除草作業が苦にならない方は、草刈り機で刈る方法がおすすめです。

高圧の場合は範囲が広いため、外注に依頼するといいでしょう。費用は、外注によってさまざまです。実績があり、かつ良心的な価格の外注を見つけましょう。

除草剤を使う

除草剤を使用することで、草を一定期間生やさないようにさせることが可能です。効果は最長で半年程続くため、年に2回は行う必要があります。自分で行っても、外注に依頼しても、費用はそこまで高くありません。

除草剤を使用する際のデメリットは、近隣住民に注意しなければならない点です。近隣に農地や用水路がある場合は、使用しない方がよいです。

防草シートを敷く

除草や整地などをした後に、防草シートを敷く方法です。太陽光を遮ることによって、雑草が生えるのを防ぎます。中には10年間効果が持続するものもあるため、手間をかけずに雑草対策ができます。

防草シートにはさまざまな種類があるため、選び方には注意しましょう。安いものを選んでしまうと、破れたりして、雑草が生えてきてしまうことがあります。一方で、高いものは耐用年数が長いですが、初期費用が高くなります。

砂利を敷く

砂利を敷くことで、雑草が生えるのを抑えられます。しかし、それでも一定の量は生えてくるため、防草シートなどとあわせて対策をするのがおすすめです。

太陽光発電所の完成後に砂利を入れることはできないため、砂利を敷く場合は事前に計画をしておく必要があります。初期コストは比較的安価ですが、撤去時には費用がかかります。

コンクリートで舗装する

コンクリートでの舗装も、太陽光発電所の設置前に行う必要があります。他の雑草対策と比べて、もっとも効果的で手間がかからない方法です。ただし、費用はかなり高額になるため、この方法を選ぶ方は少ないです。

雑草対策の頻度・タイミング

雑草対策の頻度は、選択する雑草対策によって異なります。草刈り機を使用する場合は、すぐに伸びてきてしまうため、年に4回程行う必要があります。除草剤を使用する場合は、年に2回が目安です。

タイミングとしては、太陽光パネルなどの設備周辺の雑草が30cm程度になったら行うことをおすすめします。30cmを超えてしまうと、設計によっては太陽光パネルに影がかかるため、発電効率が低下してしまいます。

ちなみに、春から夏にかけては雑草が生育しやすい時期なので、除草の頻度が多くなります。太陽光発電所の状況を見て、適宜雑草対策を行いましょう。

雑草対策はパックで依頼するのがおすすめ

上述した通り、雑草対策には手間や時間がかかり大変です。外注する場合は、業者選びから始めなければなりません。そこでおすすめなのが、設置からメンテナンス、雑草対策までをすべて代行してくれる業者を選ぶ方法です。一社にまとめて依頼すれば、複数の業者とやり取りをする必要もありません。

プレグリップエナジーでは、太陽光発電の販売から設置、メンテナンスから雑草対策までをすべて自社で行っています。そのため、太陽光発電に関する知識は豊富です。何か問題が発生した際には、すぐに対応いたします。初めて太陽光発電投資を行う方も、安心して御用命いただけます。

まとめ

当記事では、太陽光発電の雑草対策をする理由や具体的な雑草対策について解説しました。雑草を放置しておくと、発電効率が低下するだけでなく、故障を引き起こしてしまうことがあります。そうすると、売電収入が低下したり修繕費用がかかったりするため、雑草対策はしっかりと行うことが大切です。雑草対策にはさまざまな方法がありますが、予算や手間を考慮して、最適な方法を選んでください。

その手間をかけたくないという方には、太陽光発電の業者にまとめて依頼するのがおすすめです。プレグリップエナジーでは、太陽光発電に関してあらゆる事案を代行しています。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
太陽光発電の雑草対策5選|雑草対策が必要な理由も合わせて解説