太陽光発電は副業になる?太陽光発電投資のメリットや注意点もあわせて解説

太陽光発電は副業になる?太陽光発電投資のメリットや注意点もあわせて解説

「太陽光発電は副業になる?」
「サラリーマンが太陽光発電投資をするメリットって何?」

サラリーマンや公務員の中には、太陽光発電を副業にすることを検討している方もいるのではないでしょうか?実際に副業を始める前には、このような疑問がきっと生じるかと思います。

当記事では、太陽光発電が副業にあたるかを紹介した上で、副業で太陽光発電投資をするメリットや注意点について解説していきます。サラリーマンや公務員で太陽光発電での副業に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

目次

太陽光発電は副業になる?

太陽光発電は副業に該当するのでしょうか?これを理解するためには、まず太陽光発電の種類や仕組みについて理解する必要があります。

太陽光発電は、大きく以下の2つに分類されます。

  • 家庭用太陽光発電:発電容量が10kW未満
  • 産業用太陽光発電:発電容量が10kW以上

家庭用太陽光発電は、家庭で消費した上で余った電力を売電できる「余剰売電」が適用されます。そのため、事業とはみなされず、副業には該当しません。

一方で産業用太陽光発電(50kW以上)は、太陽光発電で売電したすべての電力を売電できる「全量売電」を選択可能です。この場合、利益目的だと判断され、副業に該当します。

つまり、利益を得ることが目的であると判断された場合には、太陽光発電は副業になります。ちなみに、いわゆる太陽光発電投資は、50kW以上の太陽光発電を導入することがほとんどです。

太陽光発電で副業するメリット

太陽光発電で副業するメリットは、下記の3点です。

  • 安定した副収入を得られる
  • 手間がかからない
  • 地球温暖化の解決に貢献できる

それぞれのメリットを紹介していきます。

安定した副収入を得られる

太陽光発電は、安定した副収入を得られるのがメリットです。太陽光発電で発電した電力を売電する際、FIT制度の利用ができます。FIT制度とは、国が一定期間、固定価格での買取を保証する制度です。つまり、この制度によって安定した収入が約束されているのです。

他の副業では、なかなか安定した収入を得ることは難しいでしょう。自身で仕事を獲得しなければならない副業は、毎月案件を受注できるかわかりません。また、他の投資と比較しても、不動産投資であれば空室リスクがあり、株であれば市場が変動するリスクがあります。

他の副業や投資と比べて、収入が安定しているのは大きなメリットといえます。

間がかからない

太陽光発電はあまり手間がかかりません。定期的なメンテナンスや清掃は必要ですが、これらは業者に依頼できます。その他、太陽光発電を導入してから特にすることはありません。

一般的な副業であれば、作業をする手間や、取引先とやり取りをする手間が生じます。このような手間が一切かからず、収入を得られるのです。

地球環境問題の解決に貢献できる

太陽光発電で発電した電力を利用することで、地球温暖化問題の解決に貢献できます。太陽光発電は、発電時にCO2を排出しません。そのため、太陽光発電で発電した電気を使用したり、売電したりすることは、地球温暖化の進行を遅らせることにつながります。

太陽光発電事業は、他の副業と比べて、また違ったやりがいを得られるでしょう。

太陽光発電で副業する際の注意点

一方で、太陽光発電で副業する際は以下の3点に注意しましょう。

  • 信頼できる業者に依頼する
  • 副業が禁止されている会社もある
  • 確定申告が必要な場合がある

信頼できる業者に依頼する

太陽光発電の業者の中には、悪質な業者もいます。悪質な業者は、高額な金額を提示したり、契約書を偽って保証を適用しなかったりすることがあります。このような業者に引っかからないためには、複数の業者を比較・検討して、信頼できる業者を見つけることが大切です。

副業で太陽光発電事業を始めるのであれば、本業が忙しく、なかなか業者探しに時間をかけられない方もいるかもしれません。しかし、業者選びを誤れば、期待通りの収入を得られず、事業に失敗してしまう恐れがあります。

そのため、業者選びには時間をかけましょう。業者の実績や口コミをチェックしたり、業者とやり取りを重ねて、対応の丁寧さやスピードを確認するのがポイントです。

関連記事:太陽光発電の悪徳業者を見極めるポイント|特徴や詐欺に遭わないための対処法

副業が禁止されている会社もある

上述した通り、太陽光発電による事業は副業です。そのため、副業が禁止されている会社に勤めている場合は、就業規則に違反する恐れがあります。また、勤め先によっては、許可が必要な場合もあります。

太陽光発電投資を始める前に、就業規則を必ず確認するようにしましょう。

確定申告が必要な場合がある

副業で一定の収入を得ている場合、確定申告が必要です。サラリーマンや公務員は、勤め先の経理部が代理で行っているため、確定申告のやり方がわからない方も多いと思います。

そのため、太陽光発電投資を始める前には、確定申告に関する知識を身につけておきましょう。ぜひ、下記の記事も参考にしてください。

太陽光発電で確定申告が必要なケース|所得区分や経費について解説

太陽光発電の副業は土地付き太陽光発電がおすすめ

太陽光発電で副業を始める場合は、土地付き太陽光発電がおすすめです。土地付き太陽光発電とは、土地と太陽光発電、さらにはメンテナンスなどのサービスも付いている太陽光発電です。

土地を所有していなくても事業を開始でき、面倒なメンテナンスも代行してくれます。本業で忙しく、副業になかなか時間をかけられない方には、とくにおすすめです。プレグリップエナジーでは、土地の購入からメンテナンスまでをすべて自社で行っているため、安心してお任せいただけます。

太陽光発電で副業を始めたい方は、ぜひプレグリップエナジーにご依頼ください。

まとめ

この記事では、太陽光発電が副業に該当するのかを紹介した上で、太陽光発電で副業するメリットや注意点を紹介しました。太陽光発電を利益目的で導入し、事業としてみなされる場合は副業にあたります。

太陽光発電で副業をすると、手間をかけずに安定した収入を得られるという大きなメリットがあります。さらには、地球環境の維持にも貢献でき、また違ったやりがいを得られるでしょう。

本業が忙しく、副業になかなか時間をかけられないという方も多いと思います。そんな方には、プレグリップエナジーがおすすめです。土地の購入から太陽光発電の管理、メンテナンスまでをすべて代行します。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!