太陽光発電の安全性は高い?メリット・デメリットについても解説!

太陽光発電の安全性は高い?メリット・デメリットについても解説!

太陽光発電に関するさまざまな情報を日々目にしますが、その中でも気になるのが太陽光発電の安全性です。

この記事では、太陽光発電の安全性や安全性を維持する方法について紹介します。また太陽光発電のメリット・デメリットについても改めて解説していきます。

これから太陽光発電の導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

太陽光発電の安全性は高い?

太陽光発電の安全性について、以下3つの観点から解説していきます。

  • エネルギーとしての安全性
  • 製品としての安全性
  • 経済的な安全性

エネルギーとしての安全性

太陽光発電のエネルギーとしての安全性は、非常に高いです。

例えば、原子力発電を例に挙げると、原子力発電は放射線や放射性物質を放出します。一方で、太陽光発電はそのような有害な物質を放出しないため、安全性が高いといえます。

また、化石燃料と比べても安全性が高いです。化石燃料は、燃焼時にCO2を多く排出します。また、採掘時に自然環境に及ぼす影響も懸念されています。対して太陽光発電は、発電時にCO2を排出しません。採掘などもないため、地球環境問題の観点からも、安全性が高いことがわかります。

製品としての安全性

太陽光発電の製品としての安全性は比較的高いですが、注意しなければならないこともあります。

太陽光発電は、出火・感電などのリスクがないように設計されています。しかし、正しい方法で設置されていなかったり、メンテナンスが行われていなかったりすると、火災や感電などのリスクが生じるでしょう。

また、自然災害にも注意が必要です。例えば、台風による強風で太陽光パネルが落下したり、地震で架台が破損したりする恐れがあります。ただし、太陽光発電の性能や強度は年々高まっており、自然災害による被害は少ないのが現状です。

正しく利用すれば安全性は担保されますが、自然災害による安全性までは保証が難しいでしょう。

経済的な安全性

太陽光発電の経済的な安全性は、非常に高いです。

太陽光発電は、一度設置すれば長期にわたり発電してくれます。初期費用は高いものの、初期費用以上の売電収入を得られるでしょう。

また、国としてもFIT制度などを実施して、太陽光発電の普及を後押ししています。FIT制度とは、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーを一定期間固定価格で買い取ることを保証する制度です。このFIT制度によっても、太陽光発電の経済的な安全性は約束されています。

太陽光発電の安全性を維持する方法

太陽光発電の安全性を維持する方法は、以下の2つです。

  • 定期的なメンテナンスを行う
  • 自然災害が発生したときの対策を把握する

それぞれ説明していきます。

定期的なメンテナンスを行う

太陽光発電の安全性を維持するためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。

メンテナンスを行うことで、太陽光発電の破損・故障のリスクを最小限にできます。そのため、太陽光発電が故障して売電収入が得られなくなる事態を防ぎ、製品としての安全性や経済的な安全性が担保されるでしょう。

メンテナンスは、4年に1回の頻度で行うことが推奨されています。

自然災害が発生したときの対策を把握する

また、自然災害が発生したときの対策を把握することも、安全性を維持するために重要なポイントです。

例えば、大規模な台風が発生して太陽光パネルが破損した場合、不用心に近づいてはいけません。破損したパネルに触ることで感電したり、漏電によって出火したりする恐れがあるからです。この場合は、業者に依頼するのが正解です。

このような対策を知らないと、事故や怪我を引き起こす恐れがあり危険です。そのため、太陽光発電を安全に利用するためには、正しい対策を把握しておきましょう。

太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリットは多くありますが、ここでは2つ紹介していきます。

地球環境問題の解決に貢献できる

太陽光発電の大きなメリットは、地球環境問題に貢献できる点です。

世界では、カーボンニュートラル実現に向けて尽力しており、日本でも「2050年カーボンニュートラル」が掲げられています。そして、この目標を達成するためにはCO2を排出しない再生可能エネルギーの普及率を高めることが鍵となっています。

つまり、太陽光発電を導入すれば、再生可能エネルギーの普及率向上に貢献でき、ひいては地球環境問題の解決に貢献できるのです。

売電収入が得られる

太陽光発電は、発電した電気を売って売電収入を得られます。

特に発電量が50kW以上の産業用太陽光発電であれば、発電した全てを全て売電できます。法人にとっては一つの事業としても成り立ち、個人にとっては副業にもなり得ます。ちなみに、他の副業と比べて手間がかからないため、忙しい社会人にもおすすめです。

売電収入に関しては、FIT制度によって一定の収入が保証されています。そのため、安定した売電収入が得られる点も大きな魅力です。

太陽光発電のデメリット

一方で、太陽光発電にはデメリットもあります。

初期費用が高い

太陽光発電のデメリットとして、初期費用が高いことが挙げられます。具体的には、産業用太陽光発電の場合は1,000万円以上かかるのが相場です。法人だとしてもなかなか用意できない金額であり、太陽光発電を導入する際の大きなハードルといえるでしょう。

しかし、ソーラーローンを利用すればこのデメリットは解消されます。ソーラーローンとは、太陽光発電の導入に必要な資金を借りられるローンです。そのため、初期費用を用意できなくても太陽光発電を導入でき、毎月の支払いは売電収入で相殺されます。

太陽光発電を購入するほとんどの方はソーラーローンを利用しているため、安心して利用して問題ないでしょう。

メンテナンスが必要である

太陽光発電は、4年に1度の目安でメンテナンスを行わなければなりません。他の副業と比べて手間はかからないものの、4年に1度という頻度であれば、忘れてしまうこともあるかもしれません。また、メンテナンスの業者を探したり、依頼をしたりするのも手間でしょう。

メンテナンスが大変だと感じる場合は、プレグリップエナジーがおすすめです。プレグリップエナジーでは、太陽光発電の設置から日々の管理、そしてメンテナンスまでを全て請け負っています。太陽光発電に関することを全て任せたい方は、ぜひご利用ください。

まとめ

この記事では、太陽光発電の安全性について紹介しました。あらゆる観点から考えても、太陽光発電の安全性は比較的高いといえます。特に、エネルギーとしての安全性や経済的な安全性は非常に高いです。

太陽光発電の安全性を維持するためには、メンテナンスを定期的に実施して、自然災害が発生したときの対策を把握することが大切です。この記事の内容を参考にして、太陽光発電を正しく利用しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
太陽光発電の安全性は高い?メリット・デメリットについても解説!