太陽光発電は夜も発電できる?上手な使い方や蓄電池のメリットを解説

太陽光発電は夜も発電できる?上手な使い方や蓄電池のメリットを解説

「太陽光発電って夜も発電できるの?」
「太陽光発電で発電した電気を夜も使いたい」

太陽光発電の仕組みについてよく分からない方は、太陽光発電を導入する前に、このような疑問が生じるのではないでしょうか?

この記事では、夜の太陽光発電に関する疑問についてお答えしていきます。太陽光発電を購入する前に、太陽光発電の仕組みや上手く使う方法について理解しておきましょう。

太陽光発電は夜も発電できる?

太陽光発電とは、太陽の光エネルギーを利用して発電する方法です。しかし、夜は太陽の光エネルギーはほとんど届きません。

そもそも、太陽光発電を稼働させるには、パワーコンディショナーを起動させる必要があります。パワーコンディショナーを動かすためには、50〜100vの電力が必要です。夜のわずかな光エネルギーでは、パワーコンディショナーを起動させられません。

つまり、夜はパワーコンディショナーが起動しないため、発電できないのです。

ちなみに、太陽光発電には発電した電気を蓄電する機能はありません。つまり、夜は発電できないため、夜間は太陽光発電で発電した電気を使用できない点も理解しておきましょう。

太陽光発電の上手な使い方

先ほど、夜間は太陽光発電で発電した電気を使用できないと紹介しましたが、一つだけ方法があります。それは、蓄電池を導入する方法です。

蓄電池とは、太陽光発電で発電した電力を一時的に貯めておく装置です。蓄電池を導入することで、夜間に電気を使用できたり、災害時の非常用電源として活用できたりするメリットがあります。

太陽光発電の蓄電池のメリット

ここでは、改めて太陽光発電の蓄電池のメリットを紹介します。メリットは、下記の2点です。

  • 電気代の節約につながる
  • 災害時の非常用電源として使える

電気代の節約につながる

蓄電池をうまく活用することで、電気代の節約につながります。実は、電力会社から購入する電気は、夜の方が安くなっています。そのため、下記の方法を実践すれば、電気代の節約につながります。

  • 昼間:発電した電気を貯めておき、電力会社の電気を使用
  • 夜間:昼間に発電した電気を使用

これは、家庭用太陽光発電を利用している方におすすめの方法です。また、産業用太陽光発電で余剰売電を採用しており、夜間も工場を稼働させている企業にはおすすめです。

一方、太陽光発電で電力を売電する投資目的の方は、蓄電池の導入は不要かもしれません。

災害時の非常用電源として使える

蓄電池で貯蓄した電気は、災害時や停電時の非常用電源として利用可能です。不測の事態で電力会社からの電力供給がストップした場合、太陽光発電を導入している家庭や企業は、自身で電力を供給できます。

しかし、夜間は太陽光発電が稼働しないため、生活が難しくなるでしょう。その際に蓄電池で電力を貯蓄していると、上限はありますが、電気を使用できます。

災害時や停電時など困った時に電気を問題なく使用できるのは、蓄電池の大きなメリットです。

蓄電池のデメリット

一方で、蓄電池にはデメリットもあります。たとえば、下記の2点です。

  • 蓄電量に上限がある
  • 定期的な交換が必要である

各デメリットについて紹介していきます。

蓄電量に上限がある

蓄電池の蓄電量は、商品によって上限が決まっています。そのため、容量が少ないものを購入すると、非常用電源として使用する際に足りなくなる事態が発生するかもしれません。

蓄電池を購入する際は、蓄電池を使用する目的を明確にして、その目的に沿った容量のものを購入するようにしましょう。

定期的な交換が必要である

蓄電池は、充放電回数にも上限があります。スマートフォンや電動自転車のバッテリーと同様です。そのため、充放電回数に寿命がきたら、交換が必要になります。

メーカーによって、保証期間や充放電サイクル回数が異なります。そのため、長い期間安心して使える商品を選ぶといいでしょう。

まとめ

この記事では、夜の太陽光発電に関する疑問についてお答えしました。夜は太陽の光エネルギーが十分に届かないため、太陽光発電は稼働しません。また、太陽光発電には電気を貯めておく機能がないため、夜間に太陽光発電で発電した電力を使用することもできないです。

もし夜間に発電した電力を使用したかったり、非常用電源として電気を確保したかったりする場合は、蓄電池の利用がおすすめです。おすすめの使用方法は、下記の通りです。

  • 昼間:発電した電気を貯めておき、電力会社の電気を使用
  • 夜間:昼間に発電した電気を使用

ただし、投資目的でただ売電できればいいという場合は、蓄電池の導入は特段不要でしょう。蓄電池の導入は、目的に応じて検討してください。

太陽光発電投資については、下記の記事で詳しく紹介しています。興味のある方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事:太陽光発電投資は儲かる?メリットや失敗しないためのポイント、おすすめ業者を紹介

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
太陽光発電は夜も発電できる?上手な使い方や蓄電池のメリットを解説