太陽光パネルの点検の義務化とは?違反した場合の罰則についても解説!

太陽光パネルの点検の義務化とは?違反した場合の罰則についても解説!

「太陽光パネルが点検義務化になった」という話を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?中には、具体的にどういうことかわからず不安な方もいると思います。

そこでこの記事では、太陽光パネル義務化とは具体的にどういうことか、違反した場合はどのような罰則を受けるのかなどを解説していきます。これから太陽光発電の導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

目次

太陽光パネルの点検の義務化とは?

太陽光発電の点検は、電気事業法によって50kW以上の太陽光発電のみに義務化されていました。しかし、2017年のFIT法改正により、FIT認定されている50kW未満の太陽光発電も義務化の対象となったのです。

ちなみに、50kW未満の太陽光発電は「再エネ特措法施行規則」に沿った点検とメンテナンスを行います。一方で、50kW以上の太陽光発電は「電気事業法」に沿った点検を行います。

太陽光パネルの点検とメンテナンスの違い 

太陽光発電の点検とメンテナンスは、作業内容が異なります。

点検とは、太陽光発電が正常に稼働するかを目視または特殊な機械で確認することです。これまでは50kW以上の太陽光発電のみが義務化の対象でしたが、2017年4月以降はFIT認定された50kW未満の太陽光発電も対象となっています。

一方でメンテナンスとは、太陽光発電の設備を手入れすることです。太陽光パネルやパワーコンディショナーを清掃したり、交換したりすることを指します。

太陽光発電の点検内容

太陽光発電の点検内容は、一般社団法人日本電機工業会と一般社団法人太陽光発電協会が公開している「太陽光発電システム保守点検ガイドライン」に記載されています。

点検項目は多くあるため、その中から抜粋していくつか紹介します。

  • 太陽光パネルに破損はないか
  • 太陽光パネルはしっかりと固定されているか
  • パワーコンディショナーは正常に作動しているか
  • 配線や接続部分に異常はないか
  • 太陽光発電の発電量は性能通りか

これらの点検は、太陽光発電の設置業者が行うのが一般的です。

太陽光パネルの点検を怠った場合の罰則

太陽光パネルの点検を怠ると、指導・助言や改善命令の対象となります。それでも点検を実施しない場合は、FIT認定を取り消される可能性があります。

太陽光発電は太陽光発電をトラブルなく稼働させるために行いますが、法律の観点からも必ず行うようにしましょう。

太陽光パネルを点検するメリット

太陽光発電は法律の観点から行わなければなりませんが、以下のようなメリットもあります。

  • 太陽光発電の故障を防ぐ
  • 太陽光発電の発電効率を維持する

それぞれのメリットについて解説していきます。

太陽光パネルの故障を防ぐ

太陽光発電の点検は定期的に行うため、故障の原因を未然に取り除けるメリットがあります。

例えば、太陽光パネルを固定する金具が緩くなっていると、台風などの自然災害によって太陽光パネルが落下する恐れがあります。定期点検で都度金具を閉めていれば、このような事態は防げるでしょう。

このように、定期点検によってトラブルの元を解消しておくことで、もしものときの故障を防げます。

太陽光パネルの発電効率を維持する

太陽光発電を点検するメリットとして、発電効率を維持することも挙げられます。

例えば、パワーコンディショナーの換気フィルターに埃が詰まっていると発電効率が低下します。しかし、点検で換気フィルターの汚れに気づき清掃できていると、発電効率を維持できるでしょう。

太陽光パネルの点検費用・頻度

太陽光パネルの点検の費用は、産業用だと数十万円〜数百万円、家庭用だと約1〜2万円の費用がかかります。産業用太陽光発電の費用は規模によって大きく異なるため、具体的な費用は事前に確認するようにしましょう。

定期点検の頻度は、4年に1回が推奨されています。また、定期点検以外で異常が生じたときに点検してもらうことを、スポット点検といいます。

点検やメンテナンスについては、下記の記事で詳しく紹介しています。もっと具体的に知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

太陽光発電のメンテナンス|3つの必要性やメンテナンスの種類・費用を解説

太陽光パネルの点検は義務!

この記事では、太陽光パネルの点検義務化について解説しました。これまでは50kW以上の太陽光発電のみ点検対象でしたが、FIT法改正によってFIT認定を受けた50kW未満の太陽光発電も対象となりました。

太陽光パネルの点検は義務化されていることから実施しなければなりませんが、太陽光発電を長く稼働させるためには不可欠なものです。そのため、定期点検は必ず行い、何か異常が生じたらすぐにスポット点検を依頼するようにしましょう。

この記事が、これから太陽光発電を導入する方の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!