太陽光発電は赤字になる?回収できないケースや具体的な対策を解説!

太陽光発電は赤字になる?回収できないケースや具体的な対策を解説!

「太陽光発電は赤字になる?」
「太陽光発電の赤字を防ぐ方法を知りたい」

これから太陽光発電投資を始める方は、このような疑問を抱えているのではないでしょうか?この記事では、太陽光発電が赤字になるのかを説明した上で、赤字になるケースや対策を解説していきます。

太陽光発電投資に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

目次

太陽光発電は赤字になる?

太陽光発電は、赤字になりにくいです。しかし、いくつかの要因によって赤字になる場合があります。

太陽光発電は購入する前に、発電量や売電収入、利回りなどのシミュレーションが確認できます。シミュレーションは太陽光発電の性能や設置場所を考慮しているため、その数値通りになる可能性が高いです。

ただし、自然災害や天候不良などの不測の事態によって、発電量がシミュレーションを下回る場合があります。その際は、赤字になる恐れがあるため注意が必要です。

また、そもそも提示されているシミュレーションが誤っている場合があります。それは、悪質な業者が発電量を高く見積もっているからです。

このような要因によって、太陽光発電は赤字になる場合があります。しかし、太陽光発電に関して正しい知識を持ち、あらゆるリスクに備えておけば、赤字になるリスクを大きく低減できます。

太陽光発電の費用を回収できないケース

ここでは、太陽光発電の費用を回収できない、つまり赤字になるケースを以下4つに分類して紹介します。

  • 危機の破損・故障
  • 発電量の低下
  • 出力制限
  • 悪質な業者による詐欺

機器の破損・故障

自然災害や設備の経年劣化によって、機器が破損・故障することがあります。仮に機器が破損・故障してしまうと、想定外の修理費用が発生したり、故障している期間は売電収入が得られなかったりして、赤字になる恐れがあるでしょう。

特に、自然災害は年々急増しています。2023年10月時点では自然災害による太陽光発電の故障の事例はそこまで多くないですが、今後は予想もしない自然災害が発生するかもしれません。

対策としては、自然災害に強い太陽光パネルを選んだり、自然災害による損害を保証する保険に加入したりするのがおすすめです。

発電量の低下

天候不良や設備の経年劣化によって、発電量が低下することもあるでしょう。その場合は、シミュレーション通りの売電収入が得られず、初期費用を回収できない可能性があります。

天候不良に関しては、できるだけ日照量の多い地域に設置したり、太陽光パネルの向きを工夫したりするとよいでしょう。また、経年劣化に関しては、定期的なメンテナンスを怠らないことがポイントです。

出力制御

出力制御とは、電力供給のバランスを取るために、電力会社が電力の購入を一時的に制御する制度です。この出力制御が実施されると、売電ができなくなり、期間中の売電収入が得られません。

ただし、出力制御は他のエネルギー源から順番に行われ、太陽光発電の優先順位は低いです。つまり、太陽光発電が出力制御の対象になる可能性は低いといえます。実際に、これまで太陽光発電を対象に出力制御が実施された実績は少ないです。

赤字になる可能性は低いケースですが、これから実施されないとも限りません。用心はしておきましょう。

悪質な業者による詐欺

悪質な業者から太陽光発電を購入すると、赤字になる可能性が高いです。悪質な業者は、シミュレーションの数字を釣り上げて、相場よりも高い値段で太陽光発電を購入させようとします。騙されて購入すると、シミュレーション通りの売電収入を得られず、赤字となってしまうのです。

悪質な業者に騙されないためには、複数の業者を比較したり、太陽光発電に関する正しい知識を持つことが重要です。太陽光発電を購入する際には、シミュレーションの数字が正しいのかを判断できるくらいの知識を持ち合わせるとよいでしょう。

太陽光発電の赤字を防ぐ4つの方法

最後に、太陽光発電が赤字になるのを防ぐ方法を4つ紹介していきます。

1.定期メンテナンスを怠らない

太陽光発電の故障や経年劣化を防ぐためには、定期メンテナンスを怠らないことがポイントです。メンテナンスは、太陽光発電の故障を発見したり、清掃して性能を維持したりする効果があります。

4年に1度のメンテナンスが推奨されています。この頻度では必ずメンテナンスを実施して、異常があった場合もすぐに業者に確認してもらうようにしましょう。

2.太陽光発電に関する正しい知識を持つ

太陽光発電の赤字を防ぐためには、太陽光発電に関する正しい知識を持つことも大切です。太陽光発電の購入時に黒字になる太陽光発電を見極めたり、購入後のさまざまなリスクに備えたりするためには、ある程度の知識を有しておきましょう。

また、正しい知識を提供してくれる業者選びも重要なポイントです。太陽光発電の購入時だけでなく、購入後のサポートが充実している業者を選ぶとよいでしょう。

プレグリップエナジーでは、購入後の管理やメンテナンスまで一貫してサポートしています。購入後も引き続きサポートをお願いしたい方、太陽光発電に関する専門知識が豊富な業者に依頼したい方には特におすすめです。

3.自然災害のリスクに備える

太陽光発電の赤字の要因となり得る自然災害に備えることも重要です。自然災害で太陽光発電が故障してしまうと、一気に赤字になるリスクが高まります。そこで、太陽光発電の保険に加入するのがおすすめです。

保険に加入しておくと、自然災害によって受けた損害を保証してくれます。太陽光発電の保険については以下の記事で詳しく解説しているので、あわせてご確認ください。

太陽光発電所の保険|加入するメリットや保険の種類、費用相場を紹介

4.中古の太陽光発電にする

太陽光発電の赤字を防ぐためには、初期費用を抑えることもポイントです。そこで、初期費用を安く抑えられる中古の太陽光発電を選ぶのもおすすめです。

中古の太陽光発電は新設の太陽光発電と比べて、利回りが高い傾向にあります。ただし、FIT期間が残り少ないものが多いため、シミュレーションは慎重にチェックする必要があります。

中古の太陽光発電については、下記の記事でも解説しています。

中古太陽光発電所に投資するメリット・デメリット|購入する際の注意点やおすすめ業者をご紹介

まとめ

この記事では、太陽光発電の赤字になるケースや対策について解説しました。

太陽光発電は、自然災害や悪質な業者によって赤字になる場合がありますが、正しい対策を講じれば赤字になるリスクを低減できます。業者選びに不安がある方は、ぜひプレグリップエナジーをご検討ください。

この記事を参考にして太陽光発電の赤字を防ぎ、投資を成功させてください。

太陽光発電投資は儲かる?メリットや失敗しないためのポイント、おすすめ業者を紹介

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!