【2024年】太陽光発電の売電収入|売電方法や手続き、おすすめサービスを紹介

【2022年】太陽光発電の売電収入|売電方法や手続き、おすすめサービスを紹介

産業用太陽光発電は、20年間一定の売電収入が入ることが国の制度によって保証されているため、投資として注目されています。太陽光発電投資は、利回りが平均して10%前後といわれており、他の投資と比べても非常に利回りがいいのが特徴です。

また他の投資と違い、太陽光発電投資は地球環境保全に繋がります。太陽光発電が普及して化石燃料の使用を減らすことができれば、二酸化炭素の排出量を削減することができるのです。

ではそんな魅力的な太陽光発電は、どうやって売電をすることができるのでしょうか?売電の仕組みや手続き、そして最後には、売電の手続きを含めてすべてを代行してくれるおすすめのサービスをご紹介します。

太陽光発電の売電とは?

太陽光発電で生み出した電気を電力会社に買い取ってもらう仕組みを「売電」といいます。電線を通じて、契約している各地域の電力会社に送電することができるのです。

太陽光発電には、家庭用と産業用があります。産業用の太陽光発電は、すべての電気を買い取ってもらうことが可能です。これを「全量売電制度」といいます。反対に家庭用の太陽光発電は、家庭で太陽光発電の電力を一部使用します。その余剰分を電力会社に買い取ってもらうことが可能であり、これを「余剰売電制度」といいます。

以上の内容は、再生可能エネルギーの普及を高めるために施行されたFIT(固定価格買取制度)によって定められています。FITについては次で詳しくご紹介します。

※産業用の太陽光発電設置容量:50kW以上250kW未満の太陽光発電

▼関連記事
太陽光発電所を売却する方法|高く売るポイントやおすすめ買取業者を紹介

太陽光発電の売電方法

太陽光発電の売電には、FIT(固定価格買取制度)の利用が必須です。FITとは、再生可能エネルギーからつくられた電気を、電力会社が一定の価格で一定の期間買い取ることを国が保証する制度です。2012年7月に経済産業省によって開始されました。

このFITによって、産業用太陽光発電の場合は20年間一定の売電収入が約束されます。このように毎年の収入が決まっている投資は他になく、ここ20年間注目を集めているのです。

ちなみに「FIT制度で保証されている期間が終了したら売電できなくなる?」とここ数年話題になっていますが、設備が正常であれば引き続き売電ができます。これまでと同じ売電価格で買い取ってもらうことは難しいかもしれませんが、これまで契約していた電力会社もしくは新規の電力会社と再契約を結び、売電を継続することが可能です。

▼関連記事
産業用太陽光発電の発電量|発電量の算出方式や具体例を紹介

太陽光発電の売電収入はどれくらい?

では実際に太陽光発電でどのくらいの収入を得ることができるのでしょうか?経済産業省資源エネルギー庁が発表している資料によると、2023年度に設置する場合の産業用売電価格は1kWhあたり9.5円となっています。直近の売電価格は以下の通りです。

1kWhあたりの調達価格(※産業用の場合)
2021年度:11円
2022年度:10円
2023年度:9.5円

売電価格は年々下がってきていますが、平行してソーラーパネルの値段も下がってきているので、元が取れないのではないかと悲観的になる必要はありません。売電価格だけを見るのではなく、ソーラーパネルの価格や維持コストなども加味して、太陽光発電投資がお得かどうかを吟味する必要があります。

売電価格やソーラーパネルの価格など様々な条件次第ですが、太陽光発電は平均して10%前後の利回りが期待できると言われています。不動産投資の利回りは平均約4〜6%のため、他の投資と比較して高い利回りといえるでしょう。

▼関連記事
太陽光発電投資は儲かる?メリットや失敗しないためのポイント、おすすめ業者を紹介

太陽光発電の売電に必要な手続き

太陽光発電の売電をするためには、以下の2つの手続きが必要です。それぞれ解説していきます。

事業計画認定申請

事業計画認定申請は、国が太陽光発電事業に実現可能性があるかを審査し、FIT制度を適用することを許可するために必要な手続きです。これまでは、太陽光発電設備が法令の要件を満たしているかの審査のみでした。しかし現在では、太陽光発電の点検や撤去などに関する事業計画の提出が必要になり、事業の実現可能性を重視していることが分かります。

事業計画認定申請は、Webから申請が可能です。複数入力をする項目がありますが、マニュアルがあるため個人でも申請は可能です。また申請をしてから認証されるまで約1〜2ヶ月ほどかかるため、余裕を持って準備をするようにしましょう。

系統連系申請

系統連系申請は接続契約とも呼ばれ、一般送配電事業者又は配電事業者が所有する設備に太陽光発電設備を接続するために必要な手続きです。 太陽光発電がある住所を管轄する一般送配電事業者に対して申請します。 申請を受けた事業者は、需給バランスや設備の状況を確認し、問題がないことを確認してから連系承諾します。

系統連系申請は、事業者によって必要な書類や様式が異なります。事前に管轄する事業者に確認をするようにしましょう。また、事業計画認定申請と同様に、Webからの申請が可能です。申請から承諾までは、約2週間〜数か月程度かかります。

太陽光発電で売電するなら「プレグリップエナジー」

太陽光発電投資を検討しているのであれば、プレグリップエナジーがおすすめです。プレグリップエナジーでは、太陽光発電投資の販売を行っています。

太陽光発電投資を始めたいと思っても、何から手を付ければいいか分からないという声を多く聞きます。そんな方に向けてプレグリップエナジーは一貫したサポート体制を整えており、すべてを代行します。誰でも手間なく始めることができるのです。

太陽光発電のシステム設置から管理まですべて自社で実施。さらに、資金調達のご案内も可能なため、太陽光発電の投資開始から終了までワンストップ窓口で対応します。

また太陽光発電の設備は質の高いものを取り揃え、日射条件がいい土地を多く確保しています。充実したサポート体制と質の高い商品を取り揃えているプレグリップエナジーを、是非検討してみてください。

まとめ

太陽光発電の売電は、FIT制度によって20年間一定の収入が約束されています。そのため投資としての注目度も高いです。しかし、太陽光発電投資を始めるためには、土地探しや手続きなど、やらないといけないことがたくさんあります。

太陽光発電投資を一貫してサポートしているプレグリップエナジーを活用して、太陽光発電を始めてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【2024年】太陽光発電の売電収入|売電方法や手続き、おすすめサービスを紹介