太陽光発電投資で後悔しないためのポイント|失敗事例も合わせて紹介

太陽光発電投資で後悔しないための方法

後悔しないための方法とは何か
太陽光発電投資を考えている方は多いですが、ネット上には太陽光発電投資に関する様々な情報があります。
情報を見ると、想像していたものとは違う、せっかくお金をかけたのに思ったような結果が得られないなど、マイナスに感じることもあるでしょう。

太陽光発電投資は、安いものではないので、誰もが後悔したくありません。
太陽光発電投資で後悔しないためには、事前にいくつかのポイントがあるため、それらのポイントを押さえることが後悔しない方法です。

太陽光発電投資において、数字は非常に重要なポイントとなり、特に予想発電量に対する数字は確認しておきましょう。
まず、太陽光発電投資に必要な価格と品質の関係を事前に知ることが大切です。

あまりにも価格が安すぎたり高すぎたりする場合は、何か理由があるかもしれません。
おおよその相場を知ることで、リスクを低くすることができます。

 

太陽光発電投資における5つの失敗事例

ここでは、太陽光発電投資でありがちな失敗例を5つ紹介します。後悔する前に参考にしてみてください。

1. 業者選びを誤った

太陽光発電投資において、業者選びはとても重要です。太陽光発電は近年注目されている自然エネルギーのため、新規参入企業が大きく存在しています。倒産などのリスクも考えられるため、できるだけ実績や歴史のある業者を選ぶようにしましょう。

2. 見積もりが不十分だった

見積もりの見方や確認が不十分で、想定していたよりもコストがかかってしまうことがあります。業者の方と直接話して、見積もりの詳細にしっかり擦り合わせることをおすすめします。

3. シミュレーション通りの利益が出ない

事前に利回りのシミュレーションをしても、想定していたよりも初期費用の回収に時間がかかったりと、思いのほか利益が出ないことがあります。
表面利回りではなく実質利回りを確認したりと、入念に計算しておきましょう。

4. 保険に入らなかった

太陽光発電では、地震や台風、水害といった自然災害やソーラーパネルの盗難被害などが起きており、リスクが少なくないのも現実です。
初期費用やランニングコストが高いからという理由で保険に入らない方もいますが、思わぬリスクを被って保険料以上に費用がかさんでしまう可能性もあります。

5. メンテナンス費用を考えてなかった

太陽光発電投資では、土地購入やソーラーパネル設置といった初期費用以外に、設備の定期点検といったメンテナンス費用が発生します。
ソーラーパネルやパワーコンディショナーなどは交換寿命もありますので、将来的に発生するメンテナンス費用もしっかり確認しておきましょう。

 

事前に見積もりを出すことが最重要ポイント

必ず見積もりを出すことがポイント
太陽光発電投資は、初期費用が大きくかかるため、必ず事前に見積もりを出してもらいましょう。

思いがけない出費があるかもしれません。
さらに、ローンを組むのであれば返済方法のシミュレーションも行っておくと安心材料となります。
そして、太陽光発電投資では売電をしますが、売電収入の見積もりも立てる必要があります。

また、いつまで売電ができるのか、売電価格はどのように変動するのかなど、お金に関するものは見積もりが欠かせません。
他にも、太陽光発電投資では販売している業者に直接会うこともポイントとなります。
太陽光パネルについてなど詳しく説明を受けることができるので、投資後のイメージが具体的になるのではないでしょうか。
メリットばかりに目が行ってしまい、デメリットを見逃すことで後悔につながってしまう恐れがあるため、見極めることが大切です。

場合によってはメンテナンスが必要になることもあります。
後悔しない方法を行った上で、太陽光発電投資を始めましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
太陽光発電投資で後悔しないためのポイント|失敗事例も合わせて紹介