土地を売却する前には境界線を確認しよう!

土地を売却する前には境界線を確認しよう!

使っていない土地を売却したいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、土地を売却する前には、境界線について確認しておくことが大切です。この記事では、土地の売却で問題になりやすい境界線について解説します。

土地の売却で問題になりやすい境界線

土地を売却する際に、問題になりやすいのが境界線です。多くの土地の境界は、塀や堀を基準に判断されていますが、隣の土地の所有者との見解が異なることがあります。

隣人トラブルになってしまうため、見解が異なっていても、何も言わないままのケースもありますが、土地の所有者が変わることをきっかけにしてトラブルに発展してしまうことがあるのです。また、以前に作成された測量図と、隣地立ち会い印が押された書類が手元にある場合でも、以前と今では測量技術が異なり、トラブルになる恐れがあります。

曖昧なまま土地を売却してしまうと、後々トラブルになる危険性があるため、事前に確認しておくことが大切です。本来は、境界標という目印があるため、隣の土地との境界がわかりますが、地震や土砂崩れ、電柱の工事など様々な原因によって境界標の位置が実際のものとはずれてしまっていることがあります。

そのため、土地を売却する際には正しい境界を特定することが大切です。

境界標の正しい位置を特定するためには

境界標の正しい位置を特定するためには、隣の土地の所有者に立ち会ってもらい、互いに書面で確認しながら測定してもらいましょう。

隣の土地の所有者に立ち会ってもらうことで、その場で確認してもらうことができます。その際、正規の資格を持つ測量士に依頼し、測定してもらうことが大切です。

具体的には、土地を測量して、広さと隣地との境界線を定めるといった作業になります。事前に土地の境界線について確認しておくことで、土地の広さもわかり、トラブルを避けることができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
土地を売却する前には境界線を確認しよう!