ソーラー分譲・太陽光発電投資の販売サイト

  • スマホメニューボタン
  • 電話
  • 資料請求
0210-058-517
お問い合わせボタン

太陽光発電投資とは

太陽光発電システムの所有者となり、発電した電気を電力会社へ販売(売電)することで収益を生む投資モデルです。 有効利用されていない遊休地に、太陽光発電システムを建設し、お客様のご予算に合わせてご希望の区画をご購入いただくことができます。 そして、固定価格買取制度(全量買取制度)によって、電力会社による20 年間の電力買い取りが約束されているため、長期的な収入を得ることが可能となります。 万が一の事故などに対する保険制度も20 年間完備されているのに加え、所有者様ご自身による保守・メンテナンス等が不要で、運用に関する負担が少ないのも魅力です。

太陽光発電に投資しよう。

プレグリップが販売するソーラーシステムをご購入いただくと、発電した電気を「20 年間の固定価格」で電力会社に販売する権利を取得できます。
近年では、技術革新によりパネルの変換効率がアップし、システムの発電容量が増加しています。 また、太陽光発電が広く普及し価格競争が進展した結果、ソーラーシステム価格は低下しています。 このように、太陽光発電投資は、発電量、システム価格における効率が増しており、「長期」「利回り」のキーワードを掲げることのできる投資です。

太陽光発電=環境投資

太陽光発電に投資することは、単に金銭的利益をもたらすだけではありません。 太陽光発電の普及が進み、化石燃料(石油、石炭、天然ガスなど)の使用が減少すると、「CO2 排出量削減」につながるとともに、 限りのある資源を守ることで地球環境保全への貢献となります。
新エネルギーとして注目される太陽光発電への投資は、同時に環境への投資といえるでしょう。
また、太陽光発電システムを設置するためには広大な土地が必要で、これまで有効利用されていなかった遊休地の利用促進にもなります。

太陽光発電投資を始めるにあたって

太陽光発電設備を購入するためには、まとまった資金が必要となります。 株や投資信託などは原則融資を受けることができませんが、太陽光発電投資は設備代金全額をお借り入れいただくことも可能です。 各機関が積極的に融資に取り組んでいるということは、太陽光発電投資の事業性が高く評価されていることを示しているといえるでしょう。
また、太陽光発電投資には、競合リスクがありません。不動産投資やコンビニ・コインランドリー経営などにおいては、周辺に同様の施設ができた場合に、 価格競争やサービス向上を目的としたコストが発生しますが、 太陽光発電投資ではこうした競合リスクの心配がないことも魅力のひとつです。 とはいうものの、投資である以上リスクがゼロというわけではありません。 そこで、プレグリップでは太陽光発電投資のリスクを徹底的に分析し、収益性を最大限高めるために各種サービスを提供しております。詳しくは各ページをご覧くださいませ。