ソーラー分譲・太陽光発電投資の販売サイト

  • スマホメニューボタン
  • 電話
  • 資料請求
0210-058-517
お問い合わせボタン

バイオ発電における長期見通しとは

長期を見通したバイオマス発電

長期を見通したバイオマス発電

バイオマス発電事業は、新規雇用を生み出し林業や輸送業などを中心とした、立地地域の経済を活性化するメリットがあります。
長期を見通したバイオマス発電事業を、検討している企業もあるのではないでしょうか。
持続可能な循環社会を構築するためには、長期を見通したバイオマス発電事業を考えなければなりません。
地域経済への貢献が期待されていますが、コストの低減がポイントとなるでしょう。
国が掲げる長期エネルギー需給見通しにおいては、2030年度時点でおおよそ600〜700kWのバイオマス発電の導入が見込まれていますが、この数字は水力や太陽光発電などの再生可能エネルギーに次ぐものであり、バイオマス発電への期待が大きいです。
様々な再生可能エネルギーがありますが、特にバイオマス発電はこれから飛躍的に伸びていかなければならない資源だと言えます。
しかし、産業としてはまだ形になる前であり、解決しなければならない課題も多いです。

コスト低減と燃料調達がポイント

コスト低減と燃料調達がポイント

バイオマス発電は長期的に安定した発電事業でなければなりません。
そのためには、発電コストに継続的に下げていく努力が必要になるのです。
安定した燃料調達による燃料コストに低減に加えて、設備コストの低減にも努めていかなければならないでしょう。
運転や管理に関する技術情報を共有して設備稼働率の工場にも取り組んでいくことが大切です。
バイオマス発電は、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーとは異なり、設備利用がとても高いといった特徴があります。
安定した発電が可能で、ベースロード電源ともなり得るでしょう。
しかし、他の再生可能エネルギーとは根本的に燃料の調達方法が異なるため、安定した調達こそが、バイオマス発電の最大の課題でもあります。
バイオマス発電の燃料は、木質バイオマスやメタン発酵ガス、一般廃棄物など様々な種類があり、その中でも一般廃棄物が主流となっていますが、これからは木質バイオマスを大きく伸ばして行く必要があるでしょう。
国内での木質バイオマスの調達には限りがあるため、長期的に安定して稼働させるためには輸入材をバランスよく併用していくことがポイントになります。
長期を見通したバイオマス発電を検討してみてはいかがでしょうか。