ソーラー分譲・太陽光発電投資の販売サイト

  • スマホメニューボタン
  • 電話
  • 資料請求
0210-058-517
お問い合わせボタン

バイオマス発電ビジネスの成功条件とは

バイオマス発電を成功させるための条件

バイオマス発電を成功させるための条件

ビジネスとして、バイオマス発電を始めようと検討している人も多いです。
設備の導入など、高額な初期費用が必要になるため、できるだけ失敗したくないものです。
バイオマス発電は資源の集積度が低い傾向にあり、発展させていくためには、様々な条件が必要になり、ビジネスの成功条件は都市型、都市周辺型、農村型の3つのタイプによって異なります。
都市型でバイオマス発電をする場合は、食品廃棄物が主流になります。
しかし、廃棄物の排出場所は分散されており、集中処理が難しいです。
ホテルなど大手の排出と、地域の生ゴミを一括処理する必要がありますが、誰が中心となって実施するかは決めにくいことでしょう。
さらに、収益性の高いビジネスというわけではないため、インセンティブが環境に対する貢献である必要があります。
大手電力会社などの地域貢献度が高い企業が中心となってネットワークを形成すると地域を一つにまとめることができ、生ゴミを中心としたバイオマス発電に成功するはずです。
生ゴミが中心のバイオマス発電は家畜排泄物と比較して発電量が大きく、自然エネルギーの普及に対しても貢献度が大きいといった特徴があります。

場所によって異なる成功条件

場所によって異なる成功条件

都市周辺型の中でも、家畜農家の多いエリアでは、食品廃棄物と家畜廃棄物の2つをバイオマス発電に利用することができます。
2つを併せて処理することによって、施設規模の拡大が可能となり、コストの低減が期待できるでしょう。
バイオマス化にかかるコストは、焼却処理よりも安価であり、食品廃棄物は一般廃棄物して焼却することによって、家畜排泄物の処理も可能になります。
施設の規模が大きいため、実地の主体者は自治体となる場合が多いです。
国庫補助事業として実施することが可能になり、金銭的負担を小さくすることができることがメリットです。
農村型は大量の食品廃棄物が期待できないため、事業者が負担するコストが大きくなる傾向にあります。
この場合は、電力販売による収入の増加と、液肥の利用によって農業振興を図ることが成功条件です。
さらに、エネルギー増加と農業復興を同時に行うエネルギーなどの利用を目的とした、資源作物の育成も重要な成功条件です。
このように、バイオマス発電を行う場所によって成功条件が異なるため、しっかりと把握しておきましょう。