ソーラー分譲・太陽光発電投資の販売サイト

  • スマホメニューボタン
  • 電話
  • 資料請求
0210-058-517
お問い合わせボタン

太陽光投資での改正FIT法による太陽光発電の認定取消を回避する手続きと義務

改正FIT法によって認定取消になることもある

改正FIT法によって認定取消になることもある
太陽光投資は多くの人に支持されているもので、一般個人が自宅の屋根に太陽光パネルを設置している例もあれば、企業が本格的に大規模投資を行っていることも珍しくありません。
2017年4月より固定価格買取制度が始まったことで、太陽光投資をしている人も様々な影響を受けるケースが出てきます。
これまでFIT法に基づいた太陽光発電を行っていた人も影響を受けることになります。
すでに旧FIT法時代に認定を受けて運転開始していたとしても改正FIT法によって、行わなくてはいけない手続きなどが発生します。
もともと太陽光発電の認定を受けていたとしても、新しい法律によって定められた手続きや義務を完了させないと、最悪の場合認定が取り消されてしまうので注意すべきでしょう。
接続契約を完了させた時期によって色々と異なるので、それぞれ詳細を確認すべきですが、例えば28年1月に認定取得をしていた場合、改正FIT法の施行開始時にみなし認定となりますが、平成29年の9月30日までに事業計画を提出しなくてはいけません。
それが守られないとペナルティとなるでしょう。
ちなみに太陽光投資に関する改正FIT法の施行時に接続契約がされていない場合も、その時点で認定は失効することでしょう。

太陽光投資と改正FIT法、認定取り消し回避について

太陽光投資と改正FIT法、認定取り消し回避について
上記したように、新しいルールを守れない場合は認定取り消しのようなペナルティを課されることもあります。
太陽光発電に関する設備を整えているにもかかわらず認定取消となるのは非常に悲しいことなので、それを回避するためには行動しなくてはなりません。
特に難しいことではなく、まずは事業計画の提出が必要になります。
元々は事業計画による認定ではなく、設備認定なので多少戸惑うかもしれませんが、それほど問題はありません。
他には太陽光投資に関する改正FIT法によって定められた義務を遂行しなくてはなりません。
メンテナンスやフェンスの設置、標識の掲示が挙げられますが、ケースバイケース必要になる義務は異なるので要チェックです。
認定を受けた時期などによって様々必要なものが異なる可能性もありますが、これらをしっかりと行うことで、認定取り消し回避ができます。